上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
娘が朝からバタバタと出かけて行き。
みかんママからみかんの散歩の指令。


太平記に出てくる「福山合戦」の福山の頂上からちょうど日の出です。(^.^)


町内の柿の木に柿がたわわに実ってます。
急いで娘を追いかけ7時台の電車で岡山へ。


岡山駅近くから去年同様に「岡山マラソン」の沿道で応援です。


応援グッズもゲットしてランナーが来るのを待ちます。


今回、娘は仕事と風邪でろくな練習ができず目標は10キロくらいと公言してたけど、元来の負けず嫌い、どこまで頑張るかなぁ〜。(^O^)


市民マラソンは、本気モードの選手と仮装に力を入れてる人と様々で楽しいですよ。(^O^)


今回、食パンマンさんが一番力が入ってる感じでした。(^O^)


ウルトラマンや・・。


孫悟空のスーパーサイヤ人。


可愛い2人組みの女の子が扮するバカボンパパ。
とにかく、選手も沿道で応援している人も皆が楽しめます。(^O^)


娘も去年は完走でしたが、結局今年は25キロ過ぎでタイムオーバー。(^^;;
まあ、目標の10キロは超えたので「よく頑張りました」でパブロのチーズケーキをホールでご褒美に。

来年も走るんやろ〜なぁ。(^O^)




この方は留守番で面白くなかっただろうからしっかりスキンシップしましたよ。(^.^)



スポンサーサイト
金曜の岡山での商談が流れて週末は帰省せず掃除洗濯やなと思ってたら急に、みかんママが「土曜の夜に京都に行く!」との事で土曜の日中に掃除洗濯済ませて夜8:30に京都駅に着いたとの連絡あり、京都駅から地下鉄で10分位の距離なんですが40分かかって到着。

何度もきてるのにどうやら道に迷ったみたい。(^^;;
翌朝は早めに出て地下鉄とバスを乗り継いで今回、みかんママの希望のこちら。(^o^)


大原三千院です。私らの年代だとダークダックスのあの歌!「女ひとり」
「京都~大原三千院 恋に疲れた女が~♫」
のフレーズが頭の中でぐるぐる回ります。(^o^)


やっぱり歌の石碑がありました。(^o^)


三千院は、苔むした庭のイメージです。


この童地蔵も有名ですよね。


とりあえず記念写真。(^^;;
童地蔵と同じポーズで・・・(^O^)


紅葉には少し早かったです。


12月上旬には綺麗な紅葉になるでしょうね~(^O^)


境内も広いです。


午前中は、曇りで少し雨も混じって寒かったです。(^^;;


門前のお店で昼食を済ませ・・。


徒歩で30分程の寂光院へ。
ここは、柴漬けの発祥の地としても有名です。


ここは16年前の火事で本尊の地蔵菩薩と本堂が焼け落ちるといった不幸があり、特別拝観でその御本尊を観ることが出来ました。
寂光院は是非、三千院とセットで観て欲しいですね。(^o^)


大原女もここが発祥とか。(^^;;


京都のマンションまで帰ってきたらすぐそばのイベントスペースで能面の展示会をやっており入場無料に誘われて鑑賞してきました。
能とはあまり接点がなかったですが能面を作るという趣味?もあるというのを知った事は良かったです。(^o^)

その後、みかんママは、「みかんが寂しがってるわぁ」との事で、急いで岡山まで帰りましが・・・。



寂しがりも心配もせず寝てたとの事です。(^^;;



----------------追記します。(^O^)----------------
10月30日「第12回岡山県動物愛護フェスティバル」に、みかんママとみかんの2人で参加しました。

しっかり写真を撮ってくると言ってたけど結局、送られた来たのがこの2枚。
まずは、シロちゃんとエルちゃんとの3ショット。


みんなよそ向いてる・・・^^;



虎鉄くんとこまりちゃん、エルちゃん。エルちゃん・・よそ向いてるし・・・^^;

今回はK尾所長にも会いたかったのですがタイミングが悪くて帰省できずに残念。

岡山県の譲渡率が日本で一番高いとのニュースが流れていました。
公も民も協力し合っての結果ですよね。頭が下がります。

---------------------------------------

ブログ更新できずにズルズル~(^^;;
とりあえずイベントを羅列します。

まっいつもの様に吉備路の散歩が続きます。


そろそろ稲刈りが近いですね。


吉備路以外になかなか連れて行けませんでした。(^^;;


今年の一大イベントの為に、みかんパパから買ってもらったブランドストーンのブーツを試し履き。(^o^)


響介の1才の誕生日に合わせてみかんママとY姉の2人で東京まで行って来ました。


会うたびに大きくなっていきますね。(^o^)


初日は横浜観光です。


まずは中華街。(^^)


横浜煉瓦倉庫も行ったよ。


夜に誕生のお祝いです。


名入れのお餅も用意しました。


写真館で記念撮影


翌日は東京ディズニーランド。
みかんママは初めてで目一杯楽しんだそうな。(^^)


最終日は東京駅界隈を散策。(^o^)


その間、みかんはペットホテルに宿泊だったので寂しい思いをしてたと思いますが、みかんママがスキンシップをたくさんして機嫌とりましたよ。(^^)


また何処かにみかんを連れて遊びに行かんとあきませんね。(^o^)

京都からだいたい月2回ほど吉備の国に帰省します。会議とかが入ると増えますが、みかんママが土曜の午前中が仕事なので、なかなか岡山県動物愛護センターのランに行けないのが残念なんですよね。(^^;;

FBでもUPしましたが先日、44年ぶりの小学校同窓会で小中学校一緒だったK君。愛護センターの所長だと。「マジか?」「マジ!」「土日出勤しとるんか?」「休む」「あかんやん」

ランの東屋の写真見せられて「職員皆の手作りやで」たぶん、こいつは完成した写真を撮っただけやな・・と思いながら「お~凄いやんか」(^^;;

フェスティバルの時は顔見に行かなあかんな。(^^)


で・・帰省時をまとめてUP。



彼女も、みかんママに、朝夕と散歩に連れてって貰っててもそれ以外に連れ出して無いのでストレス溜まってるかもね。(^^;;



備中国分寺で玉虫の亡がらを拾った。(^^)
久々に見たけど、この時期のケヤキや桜並木の上の方で結構、ブンブン飛んでるんですよ。飛んでる時は身体が地面と水平じゃなくて縦にして飛んでるからわかりやすいんです。(^^)



孫の響介が初めてプールに入ったと写真と動画が送られて来た。(^^)
疲れが吹き飛ぶなぁ。(^^)



いつもの様に近場の備中国分寺。ここしか行かんのか?っつ~頻度で。(^^) 
まあ、ええとこですけど。



まだ、暑いので基本的には夕方に出没。(^^)



赤米が色付いて来てます。



いわゆる古代米の一つなんだと思いますが、赤米を使った加工食品を名物にしたいらしいです。相川七瀬さんが、赤米大使だったと思います。(^^)



帰省すると基本的に食事は「和」(^^)



でも、時々は無理やり「焼肉屋」に行く。(^○^)

まあ、こんな繰り返しでトピックスが無いのも平和で過ごしてるって事ですかねぇ。

みかんもいつもながらマイペースを貫き元気にやってます。(^○^)

最近のSNSやメディアもですが、安易な考えや浅い理解で非難したり個人攻撃したり、その投稿を安易にシェアする事などにも恐怖を感じます。たぶんこのような投稿もすべき事では無いのかも知れません。(^^;;

休日に暇だったのでネットであちこち検索してたら行政の動物愛護センターに対しって酷い書き込みが多々ある事を知りました。殺処分に対しての内容です。

犬や猫の殺処分で動物保護の先進国とされるドイツなどの殺処分ゼロという表面上の数値に踊らされ日本国内の行政(動物愛護センター)等に対しての誤解があると思います。熊本の殺処分ゼロ達成が出来たのにとの思いもあるかも知れません。途中で「違う」と思ったらスルーして頂けたら有り難いです。

動物愛護センターで働いている方々は大半が獣医師です。動物が好きで夢をもって獣医になった人たちです。その人たちが好んで処分してると思いますか?檻や施設内を綺麗に保ち、散歩もつれて行き、ワクチン投与や治療、躾もし、譲渡回を開催し飼い主にも躾をレクチャーしたり、情も移るでしょう。でも施設には限りがあります。私の知ってる職員の方は、何頭か自分で引き取ったりしています。無責任なブリーダーやペットショップ、飼い主が放棄した犬や猫をなんとか処分せずに生きながらえないか努力してくれています。平気でボタンを押しているわけが無い。

非難するべき相手が違います。中傷や抗議する事で殺処分ゼロへの道筋が遠のく原因になっているのではとも思います。民間ボランティアと行政がしっかり手を取り合わなければならないのです。

熊本では殺処分ゼロを成し遂げました。行政の予算は限られています。出来る事も限られます。民間ボランティアの方々の大きな協力が無ければ成し得ていません。民間ボランティアの方々が凄いのです。熊本以外ではその民間の力が足りていないのです。無責任な中傷や抗議のパワーがあるのなら協力という形に向けるべきです。本当に一所懸命協力して下さってるボランティアの方々も多くおられます。

先進国といわれるドイツでは、飼えなくなった動物は飼い主が責任もって処分します。(動物病院等で安楽死)当然、殺処分数にカウントされません。また、有名な大規模保護施設「ティアハイム」でも、理由があれば殺処分もしています。しかし、民間の施設なので殺処分のカウントには入りません。生体展示販売を禁じられていると思っている方も多いでしょうが、法律で禁じているわけではなく、現実には世界最大規模のペットショップ「ズー・ザヤック」があり繁盛しています。

また「狩猟法」という法律があり、民家から数百メートル離れ、傍に飼い主(管理者)がいない犬・猫は駆除しても良い(ハンターに撃ち殺される)。この狩猟法で殺される数は、年間、猫40万匹・犬6万頭あるとの事。当然、これらもカウントには入りません。だから日本も仕方ないのではなく、本当の殺処分ゼロを目指し民間の私たちが動かなければなりません。行政と手を取り合って進めて行く事が近道なのだと思います。

ここからは特に意見が分かれると思いますが、犬は人無しではもう生きては行けません。人間と一緒に生きて行けない犬(問題行動、危険性)はどうしても出て来ます。本当の殺処分ゼロが正しいのか答えは見えません。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。