岡山での仕事の為に5月12日夜に帰省したら、みかんが元気ない。
一応、玄関に迎えに来てくれるもののそっけない。^^;
みかん姉から「昨日、夕飯食べなかったみたい」と聞き、11年間そんな
ことは一度も無かったのに。ただ事じゃない!
 (>_<)
それでも、フードは食べないけど大好きなリンゴやパンなら食べる。
でも、やっぱり元気がない。

1495627039385.jpg
この時点では、フードを食べないだけで見た目は普段と変わりませんでした。

翌日、みかんママは仕事があったので、ひとりかかりつけの動物病院に
念の為、〇ンチを持って行き、レントゲン、血液検査、便検査してもらい
ました。

まず、便の中に細菌は、見受けられない。血液が沢山見られる。

血液検査は、赤血球、血小板が以前の検査結果の数値と比べると
半分以下。

レントゲンの所見は、はっきりとした腫瘍などは見あたらない。
小腸の一部が通常の倍くらい太いところがあるように見える。
   
    小腸はレントゲンでは判断しづらいらしいですが・・。

先生曰く・・
「小腸あたりの消化管からの出血で貧血、食事をとる元気もない」
「小さな腫瘍が拡がってそこから出血という事も考えられる。
「手術で開腹しないと何とも言えないが、年齢的、体力的に考えても
手術はお勧めできません。」

「とにかく血が止まらないと厳しい・・・。」 

    厳しい・・厳しい・・厳しいってどうなるん? (>_<)

「一応、出血を止める薬をだしますが、何かあればすぐ連絡を」

血液検査結果も貰って、自分なりにみてみると白血球の値は高くない
から炎症は考えにくい・・とにかく血が止まってくれる事を祈るのみ。

家族には「最悪の結果もあるかも知れんから」と・・・。

帰宅して、フードもリンゴもパンも食べない。みかん姉が作った
ササミと野菜のフードは、なんとか食べたので薬を飲ませ様子見。

1495627042654.jpg

翌朝も益々元気が無くなって見えるし、〇ンチも真っ黒のタール状。
次の日の朝も便の改善は見えず、口の中が白くなって来ている。
貧血が進めばそうなるわなぁ・・・・。

体力が落ちてる・・食べれない・・出血が収まらない・・って・・・・。

この日、いよいよ覚悟しないと駄目と思い、チャヌパパさんにLINEで
これまでの事情と、このまま逝ってしまうかもと伝えたら。(本気でそう思ってた)
夕方にはママさんとエルちゃんも一緒に家まで来てくれました。結果的にこれが
幸運の始まりだったのですが・・・。(^^)

みかんも嬉く迎えたようで・・・(家族の前では動かないのに・・)

「ひげPさんの連絡では今にでも・・思ったより元気そうで良かった」との事。

別の病院にも行った方が良いとのアドバイスを貰い、すすめて頂いた
「アイビー動物クリニック」へ翌日みかんママが連れて行きました。

医院では事情を話した後に、血液検査。赤血球、血小板の結果は低いままで
CRP値が計測できない位の高さとかで、半日入院してレントゲンの2方向、
エコー検査。炎症腫瘍の疑いありとの事で、炎症を抑える薬の他3種類の
薬を処方して貰いました。

1495624310635.jpg
アイビー動物クリニックの血液検査結果。炎症を示すCRPが高すぎて計測不能。


次の朝、京都に行くときに「もしかしたら、これが最後かも・・」とよしよし
して京都へ。

1495624512589.jpg
この時が一番悪い状態でした。

その後、処方してもらった薬が効いているようで、少しずつですが
リンゴやフードも食べれるようになって来たとの連絡で胸をなで
おろし。それからもトイレの失敗もあったりしましたが、日に日に元気になって
来てるようです。何より、最近では、〇ンチの色が黒色から変わって
来たとの事なので出血が収まってきていると。

1495624309803.jpg
前回より、赤血球や血小板の値が少し良くなってきています。

薬が切れて病院に行った時に先生から、白血球が減少している
事が原因だったのではないかと、白血球が減少している原因は
詳しい血液検査を外部に出しているのでその結果を診て今後の
対処を考えましょうとの事。結果的にはこの検査は問題なかった
みたいです。

楽観はできないものの、もうだめかの状態から脱し先が楽しみな
状態まで回復してる事に感謝です。

ただ、原因は特定できていませんので薬の組合せを変えながら
絞り込んでいくとの事です。

1496130885387.jpg
最新の血液検査の結果です。貧血の方はだいぶ改善されてきました。
他の項目はジェットコースターのようですが・・・。

とにかくチャヌパパさん、チャヌママさんからセカンドオピニオンを進めて貰わなかったら
どうなってたか本当にわかりませんでした。本当に感謝です。
<(_ _)>

1496119855918.jpg
精気が戻ってきた感じです。(^^)

1496119855268.jpg
痩せたかなやっぱり・・・。

11年間大きな病気も無く元気に育って来ましたから、油断がありました。

今回も、便の色がいつもと違うなぁと思ったのは4月20日頃、最初のお医者に
行ったのが5月13日、それからアイビー動物クリニックへ行ったのが16日と
結構、前からサインが出てたんですよね。もっと早く行動できていればと
悔やみますし可愛そうな事をしました。

定期的な血液検査は欠かせないですね。事前に異常を察知する事が
早い治療につながります。色々と勉強させられました。(>_<)


今は、散歩も元気に行けてるようです。休憩しながららしいですけど。(^^)

もう少し長生きしてもらわなくてはね。

前回の更新から正月が過ぎ、桜もGWも過ぎて夏になろうかという時期になって
しまいましたね。(>_<)
仕事も先を見据えてと大きな変化もあり、まあ、先の事より俺は今倒れるわ!と
いう状況で・・・とブログ更新出来なかった言い訳したりして・・。(^^)

とりあえず、その間のトッピックスを2回に分けて報告させていただきます。

では、季節外れの桜から・・・(^^)

基本的にみかんママが京都に来るのは、「掃除しなくっちゃ!」と言いながら
桜の時期と紅葉の時期、今年は祇園祭の時期にも来るらしい。掃除に・・。(^^ゞ
1495624183693.jpg
初日は雨模様でしたがなんとか我慢できるくらいでしたので決行です。(^^)


嵐電北野線の鳴滝駅と宇多野駅の間にある桜のトンネル。
ベストなタイミングで訪れた事が無かったので良かったです。
みかんママが撮影を失敗した為、2往復したというオマケつき。

RIMG2198.jpg
醍醐の花見で有名な醍醐寺です。
今回のルートは、醍醐寺の醍醐桜、妙心寺退蔵院の枝垂桜、嵐電桜のトンネル
二条城でした。


GW前半は、急に

みかん姉   「響介に会いに行く!」
みかんママ  「えっ私も行きたい!連れて行って!」

で急遽、長男のところに二人で出かけました。(^^)

1495627781450.jpg
横浜の夜景と中華街を堪能し

1495624182765.jpg
叔母と甥が超仲良し。(^^♪

1496180148139.jpg
ずっと良い天気だったみたいです。

1496180146862.jpg
超花粉症の長男には樹木の多いところへのお出かけはきつそうです。(^^)


1495624181965.jpg
鎌倉、江の島と湘南地区を堪能し
最終日は明治神宮界隈をまわって帰宅したとか・・。


今回、仕事で行けなかった爺ちゃん(ひげP)からのお土産で
 遊ぶ響介くん (^^)

みかんの誕生日の様子は続きを押してね!(^^)
↓ ↓ ↓



最近のSNSやメディアもですが、安易な考えや浅い理解で非難したり個人攻撃したり、その投稿を安易にシェアする事などにも恐怖を感じます。たぶんこのような投稿もすべき事では無いのかも知れません。(^^;;

休日に暇だったのでネットであちこち検索してたら行政の動物愛護センターに対しって酷い書き込みが多々ある事を知りました。殺処分に対しての内容です。

犬や猫の殺処分で動物保護の先進国とされるドイツなどの殺処分ゼロという表面上の数値に踊らされ日本国内の行政(動物愛護センター)等に対しての誤解があると思います。熊本の殺処分ゼロ達成が出来たのにとの思いもあるかも知れません。途中で「違う」と思ったらスルーして頂けたら有り難いです。

動物愛護センターで働いている方々は大半が獣医師です。動物が好きで夢をもって獣医になった人たちです。その人たちが好んで処分してると思いますか?檻や施設内を綺麗に保ち、散歩もつれて行き、ワクチン投与や治療、躾もし、譲渡回を開催し飼い主にも躾をレクチャーしたり、情も移るでしょう。でも施設には限りがあります。私の知ってる職員の方は、何頭か自分で引き取ったりしています。無責任なブリーダーやペットショップ、飼い主が放棄した犬や猫をなんとか処分せずに生きながらえないか努力してくれています。平気でボタンを押しているわけが無い。

非難するべき相手が違います。中傷や抗議する事で殺処分ゼロへの道筋が遠のく原因になっているのではとも思います。民間ボランティアと行政がしっかり手を取り合わなければならないのです。

熊本では殺処分ゼロを成し遂げました。行政の予算は限られています。出来る事も限られます。民間ボランティアの方々の大きな協力が無ければ成し得ていません。民間ボランティアの方々が凄いのです。熊本以外ではその民間の力が足りていないのです。無責任な中傷や抗議のパワーがあるのなら協力という形に向けるべきです。本当に一所懸命協力して下さってるボランティアの方々も多くおられます。

先進国といわれるドイツでは、飼えなくなった動物は飼い主が責任もって処分します。(動物病院等で安楽死)当然、殺処分数にカウントされません。また、有名な大規模保護施設「ティアハイム」でも、理由があれば殺処分もしています。しかし、民間の施設なので殺処分のカウントには入りません。生体展示販売を禁じられていると思っている方も多いでしょうが、法律で禁じているわけではなく、現実には世界最大規模のペットショップ「ズー・ザヤック」があり繁盛しています。

また「狩猟法」という法律があり、民家から数百メートル離れ、傍に飼い主(管理者)がいない犬・猫は駆除しても良い(ハンターに撃ち殺される)。この狩猟法で殺される数は、年間、猫40万匹・犬6万頭あるとの事。当然、これらもカウントには入りません。だから日本も仕方ないのではなく、本当の殺処分ゼロを目指し民間の私たちが動かなければなりません。行政と手を取り合って進めて行く事が近道なのだと思います。

ここからは特に意見が分かれると思いますが、犬は人無しではもう生きては行けません。人間と一緒に生きて行けない犬(問題行動、危険性)はどうしても出て来ます。本当の殺処分ゼロが正しいのか答えは見えません。
みかんのBFのチャヌ君が虹の橋を渡っていきました。
まだ10才少し・・残念です。

自宅に帰省して久しく電源さえも入れてないXPパソコン。その中に
沢山のチャヌくんとの思いでの写真がいっぱいです。
2008年に御津のランで出逢ってから8年。当時、チャヌくん&みかんは2才のやんちゃ盛り。
ひげPが4年前から京都へ赴任して御津のランに行く事がめっきり減りましたが
それでもイベント毎に誘っていただいて想い出を重ねてきました。

チャヌ00
沢山の写真を撮りましたが、この2枚が一番のお気に入りです。(^^)

チャヌ01
なかなかこの写真を超えるものは撮せていません。

チャヌ02
写真を見るとどっちも幼いね。

チャヌ03
御津ランでは、パンダボール狩り。ほとんどみかんが取れることはないのだけれど
飽きることなく一緒に追いかけていました。(^^)

チャヌ04
何度も行った蒜山、大山での雪遊びは本当に楽しかった。

チャヌ05
川遊びも・・・やっぱりパンダボールが必需品。

チャヌ06
先週の日曜日。チャヌ家にお邪魔させてもらいましたが
不調の中、みかんのそばまで来てくれました。

チャヌ07
基本的に飼い主より先に逝ってしまうワンコ達・・。
悲しい気持ちは大きいけれど感謝の気持ちはもっと大きく、どれだけ癒されたことか。

「ありがとう」


次ページは、思いっきり写真の数を絞り込んだつもりやけどこれ以上の絞り込みは無理。(^^;)
本当は、こんなもんじゃないのですが・・(^^;;
沢山貼り付けていますがご勘弁。m(_ _)m

気をゆるしてたらブログも更新が滞ってスポンサーCMになってるので取り敢えず更新しちゃいますか。
そう言いながらさしてトピックスは無いのですが。(^^;;


こないだ京都から帰省すると吉備の国ではすっかり田植えシーズン真っ只中!!


みかん家の周りは基本的に麦の収穫が終わったらお米といわゆる二毛作ってヤツですな。(^^)


一枚で1町歩って田んぼも点在。


この辺りから見える夕日はなかなか趣き深いです。ほんと暮らすには素敵なところです。(^^)


ひげPは、合わせて帰省できなかったのですが長男家族が先週末に帰省しました。孫の響介もあっという間に8ヶ月。
みかんとの絡みはお互い微妙な感じです。(^○^)


お婆ちゃま(家内)は、当然ですが、叔母ちゃまがテンションアゲアゲだったらしい。甥子を可愛がってくれるのは良いけど自分はどうすんの?と親としたら少々心配する次第です。(^^;;


長男の幼少な頃の写真を引っ張り出してみると・・

   「あ~息子そっくり!」   と納得次第です。(^○^)