京都からだいたい月2回ほど吉備の国に帰省します。会議とかが入ると増えますが、みかんママが土曜の午前中が仕事なので、なかなか岡山県動物愛護センターのランに行けないのが残念なんですよね。(^^;;

FBでもUPしましたが先日、44年ぶりの小学校同窓会で小中学校一緒だったK君。愛護センターの所長だと。「マジか?」「マジ!」「土日出勤しとるんか?」「休む」「あかんやん」

ランの東屋の写真見せられて「職員皆の手作りやで」たぶん、こいつは完成した写真を撮っただけやな・・と思いながら「お~凄いやんか」(^^;;

フェスティバルの時は顔見に行かなあかんな。(^^)


で・・帰省時をまとめてUP。



彼女も、みかんママに、朝夕と散歩に連れてって貰っててもそれ以外に連れ出して無いのでストレス溜まってるかもね。(^^;;



備中国分寺で玉虫の亡がらを拾った。(^^)
久々に見たけど、この時期のケヤキや桜並木の上の方で結構、ブンブン飛んでるんですよ。飛んでる時は身体が地面と水平じゃなくて縦にして飛んでるからわかりやすいんです。(^^)



孫の響介が初めてプールに入ったと写真と動画が送られて来た。(^^)
疲れが吹き飛ぶなぁ。(^^)



いつもの様に近場の備中国分寺。ここしか行かんのか?っつ~頻度で。(^^) 
まあ、ええとこですけど。



まだ、暑いので基本的には夕方に出没。(^^)



赤米が色付いて来てます。



いわゆる古代米の一つなんだと思いますが、赤米を使った加工食品を名物にしたいらしいです。相川七瀬さんが、赤米大使だったと思います。(^^)



帰省すると基本的に食事は「和」(^^)



でも、時々は無理やり「焼肉屋」に行く。(^○^)

まあ、こんな繰り返しでトピックスが無いのも平和で過ごしてるって事ですかねぇ。

みかんもいつもながらマイペースを貫き元気にやってます。(^○^)

最近のSNSやメディアもですが、安易な考えや浅い理解で非難したり個人攻撃したり、その投稿を安易にシェアする事などにも恐怖を感じます。たぶんこのような投稿もすべき事では無いのかも知れません。(^^;;

休日に暇だったのでネットであちこち検索してたら行政の動物愛護センターに対しって酷い書き込みが多々ある事を知りました。殺処分に対しての内容です。

犬や猫の殺処分で動物保護の先進国とされるドイツなどの殺処分ゼロという表面上の数値に踊らされ日本国内の行政(動物愛護センター)等に対しての誤解があると思います。熊本の殺処分ゼロ達成が出来たのにとの思いもあるかも知れません。途中で「違う」と思ったらスルーして頂けたら有り難いです。

動物愛護センターで働いている方々は大半が獣医師です。動物が好きで夢をもって獣医になった人たちです。その人たちが好んで処分してると思いますか?檻や施設内を綺麗に保ち、散歩もつれて行き、ワクチン投与や治療、躾もし、譲渡回を開催し飼い主にも躾をレクチャーしたり、情も移るでしょう。でも施設には限りがあります。私の知ってる職員の方は、何頭か自分で引き取ったりしています。無責任なブリーダーやペットショップ、飼い主が放棄した犬や猫をなんとか処分せずに生きながらえないか努力してくれています。平気でボタンを押しているわけが無い。

非難するべき相手が違います。中傷や抗議する事で殺処分ゼロへの道筋が遠のく原因になっているのではとも思います。民間ボランティアと行政がしっかり手を取り合わなければならないのです。

熊本では殺処分ゼロを成し遂げました。行政の予算は限られています。出来る事も限られます。民間ボランティアの方々の大きな協力が無ければ成し得ていません。民間ボランティアの方々が凄いのです。熊本以外ではその民間の力が足りていないのです。無責任な中傷や抗議のパワーがあるのなら協力という形に向けるべきです。本当に一所懸命協力して下さってるボランティアの方々も多くおられます。

先進国といわれるドイツでは、飼えなくなった動物は飼い主が責任もって処分します。(動物病院等で安楽死)当然、殺処分数にカウントされません。また、有名な大規模保護施設「ティアハイム」でも、理由があれば殺処分もしています。しかし、民間の施設なので殺処分のカウントには入りません。生体展示販売を禁じられていると思っている方も多いでしょうが、法律で禁じているわけではなく、現実には世界最大規模のペットショップ「ズー・ザヤック」があり繁盛しています。

また「狩猟法」という法律があり、民家から数百メートル離れ、傍に飼い主(管理者)がいない犬・猫は駆除しても良い(ハンターに撃ち殺される)。この狩猟法で殺される数は、年間、猫40万匹・犬6万頭あるとの事。当然、これらもカウントには入りません。だから日本も仕方ないのではなく、本当の殺処分ゼロを目指し民間の私たちが動かなければなりません。行政と手を取り合って進めて行く事が近道なのだと思います。

ここからは特に意見が分かれると思いますが、犬は人無しではもう生きては行けません。人間と一緒に生きて行けない犬(問題行動、危険性)はどうしても出て来ます。本当の殺処分ゼロが正しいのか答えは見えません。
みかんのクレートも修理しながら使ってましたが、さすがに面倒になってきて買換え。(^^ゞ


結局、ベースの樹脂が劣化しててキリがないんですよね。(^^;;
10年も使っていれば仕方ないですね。


ネットで色々調べると結局、これがコーギーにはベストだね。お友達もたくさん使ってるのも納得。(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最近、関東出張も日帰りが多かったのだけど今回は一泊二日だったので孫の響介の顔を見に寄りました。


先月彼らが帰省した時には私は帰れなかったので少し見ない間に大きくなってます。9ヶ月で10キロ弱。抱き上げるのも大変。(^^;;
色々とお土産持って行きましたけど、お土産入れてた伊勢丹の紙袋が一番気に入ってたというオチでした。(^○^)


次の日は午前中に静岡。商談までに時間があったので駿府城跡を散策。


三重の堀に囲まれた平城です。


本丸跡には家康の銅像があります。
戦国時代の三英傑。それぞれ好みはあろうかと思いますが結局のところ、家康のみが勝者なんですよね。(^^)


静岡で仕事を済ませ名古屋へ。
名古屋でショッピングは栄地区というのが定番でしたが、最近では名古屋駅周辺にシフトしていってます。


改装して伊勢丹などが新たに入居した「大名古屋ビルヂング」

「ビルヂング」という表記に懐かしさを感じますが、「大名古屋」にいつも考えを巡らせちゃいます。(^^;;

・大きな名古屋?
・名古屋の大きなビルヂング?

まあ、出張の時はこんな事考えながらウロウロしてます。
みかんのBFのチャヌ君が虹の橋を渡っていきました。
まだ10才少し・・残念です。

自宅に帰省して久しく電源さえも入れてないXPパソコン。その中に
沢山のチャヌくんとの思いでの写真がいっぱいです。
2008年に御津のランで出逢ってから8年。当時、チャヌくん&みかんは2才のやんちゃ盛り。
ひげPが4年前から京都へ赴任して御津のランに行く事がめっきり減りましたが
それでもイベント毎に誘っていただいて想い出を重ねてきました。

チャヌ00
沢山の写真を撮りましたが、この2枚が一番のお気に入りです。(^^)

チャヌ01
なかなかこの写真を超えるものは撮せていません。

チャヌ02
写真を見るとどっちも幼いね。

チャヌ03
御津ランでは、パンダボール狩り。ほとんどみかんが取れることはないのだけれど
飽きることなく一緒に追いかけていました。(^^)

チャヌ04
何度も行った蒜山、大山での雪遊びは本当に楽しかった。

チャヌ05
川遊びも・・・やっぱりパンダボールが必需品。

チャヌ06
先週の日曜日。チャヌ家にお邪魔させてもらいましたが
不調の中、みかんのそばまで来てくれました。

チャヌ07
基本的に飼い主より先に逝ってしまうワンコ達・・。
悲しい気持ちは大きいけれど感謝の気持ちはもっと大きく、どれだけ癒されたことか。

「ありがとう」


次ページは、思いっきり写真の数を絞り込んだつもりやけどこれ以上の絞り込みは無理。(^^;)
本当は、こんなもんじゃないのですが・・(^^;;
沢山貼り付けていますがご勘弁。m(_ _)m

気をゆるしてたらブログも更新が滞ってスポンサーCMになってるので取り敢えず更新しちゃいますか。
そう言いながらさしてトピックスは無いのですが。(^^;;


こないだ京都から帰省すると吉備の国ではすっかり田植えシーズン真っ只中!!


みかん家の周りは基本的に麦の収穫が終わったらお米といわゆる二毛作ってヤツですな。(^^)


一枚で1町歩って田んぼも点在。


この辺りから見える夕日はなかなか趣き深いです。ほんと暮らすには素敵なところです。(^^)


ひげPは、合わせて帰省できなかったのですが長男家族が先週末に帰省しました。孫の響介もあっという間に8ヶ月。
みかんとの絡みはお互い微妙な感じです。(^○^)


お婆ちゃま(家内)は、当然ですが、叔母ちゃまがテンションアゲアゲだったらしい。甥子を可愛がってくれるのは良いけど自分はどうすんの?と親としたら少々心配する次第です。(^^;;


長男の幼少な頃の写真を引っ張り出してみると・・

   「あ~息子そっくり!」   と納得次第です。(^○^)